貸切バスを格安で利用するポイント

貸切バスを格安で利用するポイント

貸切バスを格安で利用するポイント貸切バスを格安で利用するための方法をご紹介します。

まず、予約が集中する土日を避けて平日に利用するようにしましょう。土日は、予約が難しい上に、価格も上がります。あまり動かない平日に利用すれば、より格安で利用できます。
また、平日でも学校が休みの時期の7、8月や修学旅行が多い時期を避ければ、格安価格となります。

22時から5時の時間帯に貸切バスを運行すると、深夜・早朝運行料金が加算されます。このようなプランは、スキーやスノボ旅行、研修旅行などに利用する事が多く、移動距離や時間が長いため、乗務員1名での運行ができない為、交代が必要となります。その上、運転手の仮眠が必要になる場合もあり、仮眠する宿泊施設の手配や支払いが発生しますので価格が割高になります。

貸切バスがバス会社の車庫を出発してから、車庫に戻るまでが利用時間です。つまり、バス会社が出発地及び到着地から遠い場合、必然的に時間や走行距離が長くなりその分価格も高くなります。
ですから、出発地や到着地に近いバス会社を選ぶ事がポイントになります。
また、宿泊利用の場合は、車両も乗務員も一緒に宿泊指させた方がお得です。

最近はネットで簡単に見積もりが出来ますので、早めの情報収集がお勧めです。

最新記事